Blessing Room in Tokyo ♪ Frankfurt

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

胸がきゅんとなる

また暫く更新できませんでした。

気力やメンタルがさがるとなかなか文章を書くことができません。

まぁいつもたいしたことを書いているわけでは
ないんですけど・・・

今週は会社を休んでいました。

2日間ですが、

「まだ風邪治らないんですか?」
と上司に言われるけれど

まさか、

会社に行く気にならないんでやすみます。。。


とも言えませんから。


昨日、なんとかして出社しようとおもったのですが

身体がうごかない

遅刻しますが、行きます、、、

と電話したのですが

「ちゃんと治してからきたほうがいいんじゃないんですか?」

と言われると、返す言葉がなくて

そのまま自宅療養しました。



寒いから メンタルまで余計ずどーーんとおちたのか


相方に、毎月来月来ると言われ続け・・
やって来たためしがないことに
疲れ果てて、もうどうでもいいよ・・・と自暴自棄になってしまったからなのか



たくさん話を聞いてもらいたくても、いつも急いでいる様子の相方
コミニケーションが充分とれないことに
すごくいらだつのか



この東京での生活が、あまりにもあわただしく

スピーディで

仕事中、あまりにも同時に仕事量がかさなり
頭のなかでぶちっ と何かが切れる音がするのが続いたから?


子供の頃の傷がまた、浮上してきたのか?

私は子供の頃夜安心して眠った記憶がない。

家族に暴力を受けた記憶は、いつまでも残り
それは経験した者でないとわかってももらえない。

私の日本での学生時代からの友人達は
みな裕福で、自由で きらきらしていた。




ベトナムの大切な弟ういちゃんに

頼まれた荷物、

一生懸命 梱包して 大切に送ったのに
それでも、高そうなものは 抜き取られ、
大切に梱包したそれは傷だらけにされたから?


ういちゃんが一生懸命1ヶ月働いてもらう賃金と同じくらいの金額のものだったのに。。


それを、聞いて せつなくなって胸がいたくなった。

ういちゃんは

ベトナムだから仕方ないんだよ、、と逆に慰めてくれる。
税関で盗まれたのか、配達の人が盗んだのか
わからないけれど
まだ、公的なところでも賄賂がまかりとおり
物は盗まれて当然。。

そういうところがたくさんあるんだ。

神様は不公平だ!とおもった。

いつもお祈りしているけれど

お祈りの中では、神様に私は嘆くこともあるし、こんなこと赦したくない
と思いをぶつけたりもする。

真面目に一生懸命はたらいていて、
そんなひとが
盗まれたり、だまされたりする。

逆に、うまく捕まらないように悪いことを
平気でやってのけている人もいる。


ういちゃんが
めいめい姉 だいじょうぶだよ
傷だらけでもつかえるからね


そういわれて、胸がきゅんとなった。

ういは中国系ベトナム人

だからベトナム人は嫌いという。

こんな盗みがまかり通っているんだもの。


シンガポールやインドネシアで華僑として

懸命に働いて、財をなした中国人の友人たちも知っているが

彼らの歴史をきくと、すごく悲しくなる話もあるけれど
彼らは強い。

中国系移民が異国で、家族のためにがんばれるあの
エネルギーや懸命さ勤勉さはどこからくるのだろう。

何人だから良い、悪いときめつけているわけじゃない。
どこの国にも良い人、悪い人はいる。

でも、捕まらない要領のよさで
ぞのずる賢さでそれがまかり通っていることに
憤りを感じる。

そして、ういに、めいめい姉の気持ちはよくわかってるよ
ありがとう
といわれるたび。

切なくて胸がいっぱいになる。

やさしくて、一生懸命に生きてるういが健気でたまらなくなる。

日本のお菓子をおくって、どんなに数が少なくても
家族とわけあっている、仲良し家族のういのほうが
豊かに暮らしているのかもしれない。

神様は、静かに答えられます。


不公平なんてないんだよ。
みんな同じように愛しているよ。
みんな平等なんだ。


この苛立ちながらも、悲しくなりながら
くやしい思いをしながらでも

生きていること・・・これが最大の祝福なんだろう。

私達が人を罰することはできない。
その代わり、自分でやったことは必ず自分にかえってくる。

神様がそれはやってくださる。
神様は愛で
あるけれども、正義の方だから。
私たちの代わりに、罰してくださるはずだ。


そして、貧しさも、痛みも、理解してくれる ソウルメイトたちは
遠くにいても、近くに感じる事ができる。
ここまで、がんばって生きてこれて感謝だ。


お金や、良い条件の人と結婚することや、地位を持つことが
世の中にある物理的なしあわせであるとしても

主にあっての幸せを、私は選びたい。

どんな困難があっても万事を益としてくださる。

自分は被害者のように訴えているこの自分も

赦しを乞うべき自分であり、そして赦され生かされていることを
つい忘れてしまう。


相方がどんなに忙しくて、相手ができなくても
悲しまないで
いつでも自分に話していいよといってくれる
スコットランドのアンディ

だから、フィアンセがいることを幸福に思えるよう
人生に疲れたなんて、お願いだから言わないでね。
君は大切な友人だから、君が悲しいと
僕もかなしいと言ってくれる。


すべてを相方に依存しているつもりでは
なかったけれど

私の気持ちや、悩みや不安をいつも受け止めていてほしかった。


でも彼も一人の人間であり完璧ではない。
私は相方に、あまりにも完璧をもとめていたんではないだろうか?

ドイツにすぐいけなくても
ドイツからすぐ相方がこれなくても


私はどこかにいってみよう。
友人達がいる国、街、どこかにいってみることも考えてみよう。

みんな両手を広げて待っていてくれるんだろう。


春になればスコットランドは辺り一面きんぽうげの花が咲きます

DSCN1122_convert_20100204203109.jpg

私はこの花が子供の頃からだいすき。でも日本で見たことがなかったんです。


DSCN1396_convert_20100204204017.jpg 

DSCN1128_convert_20100204203656.jpg

DSCN1130_convert_20100204203806.jpg
心のふるさとスコットランド


クリック♪していただけると励みになりますにこありがとうございます

                         ↓
                     こちらですhnyk
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

私はmeimeiさんの文章に胸がきゅんとなります。
別れたばかりだと、つい感情的になってしまって。。。
傷ついているのは私だけじゃないのに。

いつも笑って、前を向いていけたら、それだけで幸せなことだと思います。
つらくても大変でも不安があっても、
それでも後ろ向きにならないで進んでいけるような人に私はなりたいです。
そういう生き方って素敵ですよね^^

美しく咲いたキンポウゲの花を見たら、元気が出てきました。
ありがとうございます^^

雪 | URL | 2010/02/04 (Thu) 23:33 [編集]


雪さんへ

まだまだ心が痛いでしょうに
よんでくださって、コメントまでありがとうございます。

言葉で、うまく伝わらないもどかしさや
自分の気持ちが相手に届かない
自分の恋が不毛なのだと
悟ったときの
心の痛みは どんなにか切なく痛みで心が破れそうになることでしょう。

私がいちばん大切だと言ってくれても
いつかはそうでなくなる。
それも経験しました。

神様はどうして
人に 悲しみの感情を与えられたのかな
楽しい、うれしいことだけでなく
痛みを感じることを与えられたのかな。。

よくそう思うことがありました。

人の痛みは自分も感じたことがなければわからないのです。
私たちは 神様でないので
経験しないことは なかなか理解できない
身をもって知るしか感じるしかないのだからでしょうか。

だけど、何年たってもつらい恋はやっぱりつらいです。
神様は、私たちが乗り越えられない苦難は与えられないと
信じています。
だから、雪さんだから与えられた経験で
あなたならだいじょうぶとお考えがえだったのでしょうか。

それを乗り越えたあなたは、もっと素敵な女性になり
幸せを感じ掴むことができるのでしょうね。

悲しみは、逃げないで 悲しみのままかみ締めましょうね。
いまは、傷ついた羽根を癒してね。
あなたは本当にすてきな女性ですよ。
自分を信じてね。

meimei | URL | 2010/02/05 (Fri) 21:00 [編集]


とても考えさせられました

だって、人生に疲れた的なことを私も口にしていたし、なにより、忙しさと辛い悲しい精神的な疲れなど…とても気持ちわかります(-_-)
そして、
私もたくさん、めいめいさんが知らない経験を積んで今、生きてます

でも、やはり、生きてるだけで丸儲け(^.^)

すべての出会いに感謝です!!

グルミット | URL | 2010/02/06 (Sat) 22:15 [編集]


グルミットちゃん

人はみな自分しかわからない経験や思いをもっていますから

もちろんほかの人のことは私にもわかりません。

それでも、また前に進みたいから
この人生歩いていくしかないし
与えられた人生を全うしたいです。
肉体の命は限りがあるからね。

meimei | URL | 2010/02/07 (Sun) 20:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。